フリーランスという言葉の響きは技術を売り物にする職業にとって一種の憧れになります。プログラマーやコンサルタント、デザイナーやライターといった職業は特にフリーランスが多い職業でしょう。

しかし「安定した雇用を捨ててフリーランスになって何を得るのか」ということはよく疑問とされる部分です。

ではフリーランスになることで得られるものは何かというと、まず大きいのはやり甲斐です。

誰かに指示をされるのではなく自分でやることを決めて、自分で全てのことに責任を持つということは雇われる側の立場ではなかなかできることではありません。


そうしたプロフェッショナルとしての矜恃を持って自分が得意とする分野で稼ぐということは最高のやり甲斐につながります。

お手軽のlivedoorニュースの情報が更新されています。

またリスクはあるものの収入が増える可能性があるということも得られるものだと言えます。特にこれまでしっかりとした研鑽を積んできた人であり、ビジネスパートナーとなる相手がいるということであればその業務の対価として支払われる金銭がすべて自分の収入になります。

もちろん技術がまだ未熟である、ビジネスパートナーが少ないということだと雇われていた時よりも収入が少なくなる可能性もありますが、自分の腕に自信があるのならば良い選択肢と言えるでしょう。



この他自分がスケジュールを立ててある程度自由な時間配分ができる、今後起業を見据えての経験の蓄積なども得られる大きなものたちです。こうしたことに魅力を感じるのであれば、フリーランスとしての生き方を選ぶことも十分検討できると言えるでしょう。

フリーランスについて知るならこのサイトです。